「アライバル」 ショーン・タン 河出書房新社

いつものように思い浮かんだことを書こうと、朝お風呂の中でぼんやりしていたんだけれど、なにも浮かんでこない。書きたいこともないし、自分の中からなんの言葉も出てこない。いつもなら、思い浮かぶ言葉で頭の中がいっぱいで、だから書きたくなるのに、それもなくて、自分が無人島にぽつねんと座っているような気がする。

たまにそんな時がある。

そんな時に開きたくなるのがこの本。【新刊】アライバル ショーン・タン 河出書房新社 | マール&あかちゃんといっしょ powered by BASE言葉はありません。見ていると、ひきこ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中