「しばてん」絵と文 田島征三 偕成社

わたしは読み聞かせがどうもなじまない。どうしてなのだろう。いい取り組みでもあるし、読み聞かせてもらう経験をしたときもよかったのに。

考えてみた。そうしたら、「しばてん」が思い浮かんで、マールの棚から手に取った。わたしは「しばてん」を読み聞かせられない。自分がこの中に入ってしまう。さっきも読みながら絵本の中に入ってしまった。

マールのネットショップでこの本を紹介するところには、出版社の紹介文を書いている。そこに対象年齢3歳からと書いてあるが、この本をぜひ読んでもらいたいのは、大人たちだ。それぞれが手に取って、静かに読んでみてほしい。

最後まで読んで、ざわざわした心を胸に留めておいてほしい。何度も、ことあるごとに手に取ってもらいたいから、買って手元に置いておいてもらいたい。【古本美品】しばてん 絵

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中