『82年生まれ、キム・ジヨン』チョ・ナムジュ

斎藤真理子「韓国現代文学入門〜その1 チョ・ナムジュ『82年生まれ、キム・ジヨン』」

こちらに、行ってきました。
人気で、追加チケットも出たようで、会場は満席でした。

韓国で100万部、日本で13万部を突破した『82年生まれ、キム・ジヨン』
その翻訳をした斎藤真理子さんが、韓国ベストセラー女性小説を紹介しながら、韓国が『キム・ジヨン』へ至るまでの道を辿ります。

この本は以前読んで、マールにも置いてありますが、この本が出るまでのことを聞いたり、韓国でベストセラーになるまでのことやその後の人々の反応などを聞くと、また、改めて読んでみたくなったりします。

韓国の本を読むと、日本社会を考えることになるという斎藤さん。
戦争、民主化運動、兵役、いろいろな面で、日本が歩んでいないプランBを歩んできた韓国。

プランBを知ると、日本が選択してきたプランAのことが見えてくる。

日本より先に非正規雇用が進んでいたり、MeToo運動が米国をはるかに超えて、芸能界、政界、大学などを巻き込んでいたり、デモやストライキで政権を倒していたり。

とても近いところにいるけれど、完全に共感できるわけではない、そんな知り合いを脳内に増やしていくのは、自分が生きていくときの助けになるという斎藤さん。

いろいろな国の本を読むことは一番敷居の低い民間外交だとも。

本当にそう思います。

この時に聴いた斎藤さんのお話なども交えながら、キム・ジヨンの読書会などしてみようかなーと思うんですが、興味ある方はいるでしょうか?

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中