「外は夏」キム・エラン

読み進めるほどに、敬遠したくなるような、それでも読んでいくと、描写が細かければ細かいほど、そこにぽっかりと空いた穴が浮かび上がってくるような、そんな短編集でした。

既視感、日本でもありそうな話、私の喪ったものも浮かび上がってくるような、パタンと本を閉じた時、すっきりすることがなにもない、あとをひく小説たち。

韓国文学界には「セウォル号以後文学」という言葉があるという。訳者あとがきによると、この作品もその一例としてあげられることが多いらしい。

著者のキム・エランさんは、インタビューでこう話しています。

「この短編集は何かを失った人たちがテーマ。次の季節を受け入れられない人たちを書きました。モチーフの事件は明らかにしていません。言わなくても読者にはわかるから。」

この短編集にセウォル号について直接書かれたものはありません。失ったものが、いのちではない別の何かである短編もあります。しかしどれももう2度と戻らないものたち。

 

キム・エランさんは日本語訳のこの本に

「日本の読者のみなさんへ」という文を寄せています。

 

「数日前、日本では桜が開花したと聞きました。

韓国はまだ寒く、桜を見るにはもう少し待たなければなりません。

わたしたちは花が咲く速度も、散る時季も異なる世界に生きていますが、

花を見る気持ちだけは同じなのではないか、

人を見る気持ちも、

人を失う時の気持ちも似ているのではないかと思いを馳せる3月です。・・・」

 

韓国がセウォル号の事故で、日本が震災で失ったものは何だったのか。

日本にも「震災以後文学」というものがあるのだろうか。気になって調べてみました。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/48063

今度はこの本たちも読んで、マールに置くことができるようにしたいなと思いました。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中