「アーモンド」ソン・ウォンピョン 

投稿日:

プロローグ

僕にはアーモンドがある。

あなたにもある。

あなたの一番大事な人も、

一番嫌っている誰かも、それを持っている。

誰もそれを感じることはできない。

ただ、それがあることを知っているだけだ。

-「アーモンド」より引用

 

扁桃体(アーモンド)が人より小さく、怒りや恐怖を感じることができない16歳の高校生ユンジェ。ばあちゃんに「かわいい怪物」と呼ばれていたユンジェの前に、もう一人の怪物が現れる。怒りや恐怖心を体いっぱいに宿した怪物が。

人が感情的になるときというのは、いったいどんな時なのだろう。

人と違うという、ただそれだけで、人は恐怖におびえたり、怒ったりするだろうか。

人と違うということだけでは何かが傷つき、損なわれることはないはず。

では、どんな時に人は怒りと恐怖を感じ、感情的になるのだろう。

痛み、劣等感、寂しさ、蔑み、悪口…。それを受けた時、もしも感情がなかったら、その情景はどのように見えるのだろう。

怒りや恐怖を超えて、その人を理解することはできるのか。愛することはできるのか。

そんなことを思いながら、一気に読んだ本でした。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中