夏のルール/ショーン・タン

久しぶりに本の紹介を。

8月になり、夏本番なので、この本を。

表紙を見て開いて、見返しの絵、タイトル、1ページに入るあたりでもう、夏の気配がいっぱいです。

7月で終わってしまったのですが、ショーンタン展に行ってきました。

たくさんの原画が展示されていたり、アトリエが再現されていたり、ずっとそこにいたくなるような空間でした。

そこに確かに息づいているものたち。

目に見えなかったり、なまえもないかもしれないけど、確かにあるもの。

たくさんの贈り物を受け取ったように思いました。

この夏、ショーンタンの本を時々紹介していこうと思います。

そうそう「夏のルール」の前に、ぼくたちは探検旅行もしているんです。

そのお話はこの本の中に収録されています。

この探検旅行、私もやってみたくなりました。1人じゃなくて、だれかと。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中