この場を作り続けること【愛と家事トークセッション終了】

「愛と家事」太田明日香さんと話そう!【私らしい家族のかたち】トークセッション、無事終了しました。

マールでは、私がやりたい!と思うイベントしかやっていません。そのため、毎回人が来てくれなかったら…と思い、気をもむ時間がしんどくて、もうマールでイベントをやるのはこれで最後にしようといつも考えるのですが、終わった後はいつもやってよかった!と思えます。

今回も、本当にやってよかった!そう思えるトークセッションでした。

最初のきっかけは高橋ライチさんのFBでみたこちらの記事。

「生む生まないとか入籍するとかしないとか」

そこのイベント案内で

日々を書き連ねること、そしてそれらを形にして残すこと
《太田明日香さん著書「愛と家事」出版記念イベント》があることを知り、イベントに行ったときに太田さんにいつかマールでもトークイベントを…とお声がけしたのが今日のはじまりでした。

その時の記事がこちら。

あるいてるトークイベント

その帰り道、一気に読んだ「愛と家事」に衝撃を受けて、書いたのがこの記事。

「愛と家事」

その後高橋ライチさんの「怒りのヒミツ」講座をマールで開催した時に、「愛と家事」をライチさんが買って帰ってくれました。

ライチさんの「愛と家事」についての記事

そんな時太田さんから「3月21日に東京へ行くので、マールでもイベント何かできそうなら行けます」とメッセージが。3月末といえば次男卒業イベントてんこ盛りな時期。大丈夫なのか?と思いながらスケジュールを確認し、やることに。

そしてそのことをお知らせしたら、ライチさんがお手伝いを申し出てくれて、今日にいたります。

時間がなくても、やることがいっぱいでも、やりたいことはやりたい。

そう思って決めた自分を今ホントにほめてやりたいと思います(笑)

でも、こうしてやることに決めたものの、人は来てくれるのか…。太田さんもライチさんも来てくれるのに、参加者が誰もいなかったらどうしよう…と気をもむ時間が続きました。

今回は当日に雪まで降ったので💦お申込いただいたけれど、当日キャンセルで誰も来なくなってしまったらどうしようと、時間になってみなさん来てくださるまで、ドキドキしていました。

7F530E1B-0E1F-4B80-B1F9-4E96D8C86A70.jpeg

けれど実際には雪でのキャンセルはなく、遠方からだったりいろいろなところから、4人の方が来てくれて、無事トークセッションが始まりました。

私も対話の中に入り、感じたことは、自分がコンプレックスに思ったり、相手に求めたりしていたのは、絵に描いた餅のようなもので、どこにも存在しない家族のイメージだったんだなということ。そして、そのイメージではない、もっとしっかりと実感できる家族を今現在つくっているのだから、自分の意識をそこに合わせたらいいんだなということでした。

その絵に描いた餅に合わせようとするから、苦しくなるんであって、そうではない、今の家族のかたちをちゃんと見ようと。

去年から20年ほど一緒に暮らしてはいなかった両親との同居が始まり、何かの折に「だって家族でしょ!」と言われた時の違和感。

子ども時代を過ごした家族は家族であって家族ではなく、結婚して世帯を分けてから作ってきた家族こそが自分の家族だと、そしてその家族すら、子どもたちが巣立っていけば解体されてしまうものなのだと。

私の中の家族はその時その時で更新され、父親像、母親像もバージョンがかわるたびに違うものになっていく。

現在の私の家族は第9形態。この先またすぐ形態が変わるでしょう。

そのことを受け入れる。

型にはめるのではなく、毎回型を壊してそれぞれの居心地のいいように、また作っていく。

そんな姿が私の求める家族2.0なのかなと思いました。

DAF11F4A-5B0E-499B-B3D9-9AC39F63DDD6.jpeg                                      写真: 集結した「愛と家事」たち

休日だった今日、トークセッションが終わり、リビングに戻ると夫が夫特製のタレに付け込んであった肉を焼いていて、子どもたちはテーブルに集まってテレビを見ていました。私は申し訳ないな…と思うこともなく、なんだかとても幸せな気持ちになって、その後みんなで晩ごはんを食べ、これでいいんだよなと心の底から思うことができました。

自分の引っ掛かりを人に話すことができること。それを受け入れてくれる安心な場があること。その場を自分がつくっていけること。3つを同時に感じられたトークセッションになりました。

私は本が好きだけれど、その本を書いた人、自分のようにその本を手に取って読んだ人。その人たちのこと、話す言葉、話そうとする気持ち、全部が好きなんだなと、そう思えました。

マールではぜひまた本と本を書いた人と本を読んだ人とをつなげたい。そんな場を作りたい。

そう思いました。そう強く思えるきっかけを作ってくれた

今日参加してくださったみなさん、

高橋ライチさん

太田明日香さん

本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

贈りものみたいな時間

今日は10時からお店。

雨予報でしたが、午後からだし…と思って、プレイウェアやレインポンチョなどいつも外に出しているものたちを出したら、1時間もしないうちに雨が…。しかたなくまた外に出していたものたちを店内に。

雨が降り始める前に来てくれたお客さんが、扉を開けて、商品しまうのを手伝ってくれました(^ ^)

ゆっくり店内を見て、棚にある本たちを手にとってくれて…。そして数冊の本を買っていかれました。店にある本たちを気に入ってくれて、ちょこちょこお話しながらレジに。

こうして本を介してお話ができるのがうれしいし楽しいです。

その後もおひとり、棚にある本たちを気に入ってくれた方がいて、本の思い出をお話になりながら、数冊買っていかれました。

私が好きだな、いいな、と思った本たちを、他にもいいなと思ってくれる人がいて、それを笑顔でお話してくれるって、最高にHappyなこと。

時々、こんなふうに贈りものみたいな時間があって、だからまたお店を開けようと思えるのかもしれません。

今日は本当にいい日でした(^ ^)

読んでみたい本「メゾン刻の湯」

今日はお店の定休日。

次男友達が入れ替わりで2晩泊まりに来ていたり、私も飲みに行ってたり、長男と娘はサッカー試合でみんな出たり入ったりの週末。

この記事がおもしろくて、ぜひ「メゾン刻の湯」を読みたいと思いました。

「本当の友だち」を作れ!幻想のコミュニティから自由になるために
「知らんぷりゲーム」まだ続けますか?

まだ本読んでいないのに言うのもなんだけれど、この「銭湯」がうちの店「マール」にもなるんじゃないかと。

マールで会ったお客さんや応援してくれている人たちに私ができることをしていく。

それを続けていきたいなと思いました。

そしてこの記事も興味深かった!

女性装の東大教授が見つけた「新しい家族」のカタチ

3月21日(水祝)に、
「愛と家事」太田明日香さんと高橋ライチさんの【私らしい家族のかたち】トークセッションをやることもあり、こうした記事が目に飛び込んできます。

「立場関係を捨てて、人間関係を回復すればいい。それを捨てられることに気づいた時から、人は変われるんだよ。立場の代わりに自分を大事にできるようになる」ー記事からの引用

マールにしても、家族にしても、自分自身のことにしても、すべてに当てはまる言葉だなと思いました。

3月21日(水祝)16時〜18時@マール
「愛と家事」太田明日香さんと高橋ライチさんの【私らしい家族のかたち】トークセッション

まだお席あります。新しい家族のかたち、みんなで話してみませんか?

 

 

 

 

おしいれのぼうけん

195A23CF-57A5-4565-8410-82C605300FA9.jpeg昨日は臨時店休日。

ネットショップの仕事をし、次男の卒業行事に行き、新橋で打ち合わせを一つ。その後ひるねこBOOKSさんへ。

次男の卒業行事。6年生を送る会。1年生から5年生までが6年生を送るための出し物を用意してくれていました。あんなに小さかったんだなぁ~。そういえば1年生の時コマ好きだったなぁ~。なんて思いながら、ところどころに「はじめのいっぽ」やら「虹」やら、涙腺崩壊するような合唱があり、とにかく6年生の演奏前に涙、涙…。卒業式までまだあるのに、もうこの6年間が走馬灯のように…。

もっと手をかけてあげればよかったなぁという後悔と、しかし次男はみんなとよく遊んだなぁ。クラスの子もよく遊びに来たなぁと、いろいろクリアしてだいぶ大人になった次男をすごいなぁと思う気持ちが入り混じるひととき。

ひるねこBOOKSさんでは、「おしいれのぼうけん」読書会に参加。だいぶ前に申し込みをし、あっという間に満席となっていて、楽しみにしていたのでした。が、このところあまりにいろいろ突っ込みすぎて、忙しく、行けないかも…と思っていたのですが、無事参加できることに。

読書会を何度か開いていて、数年前に一度お会いしたこともあるせいこさんに「おしいれのぼうけん」を読んでもらい、この本の版元童心社で営業をしていて、今はひるねこBOOKS店主の小張さんから、この本がどうやって作られたのかを聴くという、ぜいたくな時間。

絵本を読んだ回数も少なく、それより相撲、バレーボール、サッカーで遊んでいたことの方が圧倒的に多かった長男次男。この2人が長野の温泉場でこの本を見つけ、そこで何度も読んで、これは買うしかないか…と買ってきた後、寝る前に毎日のように読んでいた本。それが「おしいれのぼうけん」でした。正直、私は寝る前に読む本としては長くて、「またこれか…。」と思っていた本だったので、今回、「なぜあの2人はこの本ばかり読んでくれといったのか?」それがちょっとわかったらいいな…と思っていました。

私にとっては「さんざん読まされた本」という印象だった「おしいれのぼうけん」

それがせいこさんに読んでもらって、充分本の世界を堪能し、その上でどんな想いで作られた本なのかを知ることもでき、私に読んでもらって、彼らはとてもうれしく、楽しかったのだなということも感じられて、いろいろな想い出が積み重なった本となりました。

今日改めてもう一度店で読んでみて、長男次男が通っていた保育園と園舎の配置などがとても似ていることにも気づき、見ているうちに、保育園送迎時代の子育てを思い出して、懐かしく、すこし胸がきゅーっとなりました。

いろんな葛藤があって、いっぱいいっぱいな時だったけれど、あそこで駆け回ってた彼らのことや、自転車前後ろ乗せておしゃべりしながら送り迎えしたこと…いろんなことがあの絵から思い起こされて、店に出していたのですが、やっぱり、この本、手元に置いておこうと思うように。

1冊の本を読んでもらう。ていねいに味わう。そんなひとときもいいなぁと。

マールでもそんなひとときがつくれたらと思いました。

いつか、読書会、やってみようと思います。

 

まずは、3月21日のトークイベントを。

3月21日(水祝) 16:00〜18:00
「愛と家事」太田明日香さん×高橋ライチさんと話そう!【私らしい家族のかたち】トークセッション

 

 

3月21日(水祝)太田明日香さん×高橋ライチさんのトークセッション

ついに決まりました!

3月21日(水祝)  16:00〜18:00

「愛と家事」太田明日香さんと話そう!【私らしい家族のかたち】トークセッションをマールにて行います。

image
「愛と家事」…
異なるはずの、この二つの要素が、家族の中では混同され、行動や考えを縛られていないだろうか。
太田さんが経験してきたさまざまな家族の物語が、この本には描かれています。
読んでみて、なんらかの痛みやザワザワを感じた方、未読だけれどこのタイトルに惹かれた方、お話しませんか。

20年前にシングル・マザー当事者でシェアハウスを立ち上げるなど家族のあり方を模索し続けてきた
カウンセラー・高橋ライチさんを聴き手に迎え、超少人数のメンバーで、お話しながらともに考える座談会的セッションです。

場所 小田急線豪徳寺駅徒歩5分
絵本と育児用品の店マール
会費 3,500円(お茶代含む)
定員5〜7名
ハイハイ前のお子様連れOK
当日「愛と家事」の書籍販売もあります。

お申込は
①お名前
②当日のご連絡先
③メールアドレス
④お子様連れの場合(ハイハイ前のお子様まで)月齢とお子さんのお名前
を書いて
riemorning@gmail.comまでお申し込みください。

3月のスケジュール出ました

今日から3月。朝はすごい雨でしたが、途中から晴れて暖かい陽気に。もうすぐ春ですね。マールの3月のスケジュールが出ました。

今月は次男小学校卒業行事がたくさんあり、卒業対策委員としての準備もあったりして、お店のお休みがとても多くなっています。

そんなわけで、イベントも少なめですが、ひとつ、この忙しい中でもやりたかったトークイベントを準備しています。すぐにお知らせできると思いますので、21日の午後のスケジュール、あけておいていただければ。

では、3月も楽しんでいきましょう。