「これは!」と思う本

久しぶりに本の紹介を。

今年に入って、これは!という本に出会っています。

1冊目はこちら。

image

「アライバル」 ショーン・タン  河出書房新社

言葉はありません。見ていると、ひきこまれていきます。時を忘れて、自分を忘れて、そこに入っていきます。

 

2冊目はこちら。

image.jpeg

「かがみの孤城」辻村深月 ポプラ社

一気に最後まで読まずにいられず、読んだ後も、その世界に。物語の世界。読み終えると私の中にひとつ物語が入ったような感覚。ふとした時に、彼女たちにまた会えるような、その時感じたことが私の背中を押してくれるような、そんな気持ちになりました。

思春期本の棚にまたひとつ、置きたい本が増えました。

「青い鳥」「14歳」「ガラスの孤城」この3冊が思春期のこどもを想う時、私の中でまず浮かぶ本になりました。

どれもマールの棚に1冊は必ず置いて、響く人の手に渡ればいいなと思います。

本を読んでいろんな世界を感じることが、本当に好き。「好き」は人それぞれだけど、私は本を読んで、「これは!」という本に出会ったら、それを紹介していくことをずっとずっと続けたいなぁと、しみじみ思わせてくれる2冊の本でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中