きょうのほん【4月28日】

きょうのほんは、星占い「筋トレ」で有名な石井ゆかりさんの本。

インタビュアーである石井ゆかりさんが、取材相手のことを知らされないまま、インタビューの席で初めてご対面するという「闇鍋インタビュー」。そのミシマ社さんの企画をまとめた本です。

最初のインタビューを立ち読みして、「買おう。」と思って、買った本。

通して読んでみても、やはり最初のインタビューが心に残っています。

お店を始めようとする私に1番響いたのだと思います。

そしてお店を開けて10日目の今、改めて読むとさらに響きます。

1年後や5年後に読み返したら、さらにまた違った思いがわいてくるかもしれません。

雑貨屋さんからコーヒー屋さんになるくだり。

最初の3ヶ月はとにかくひますぎてさびしいというところ。

「この先叶えたいことや夢みたいなものがありますか?」という質問に

「それはね、ただただ店を続けていく、ということなんです。これは大変なことなんです。この大変さを、皆さんどうしてはるんやろ、と思うんです」との答えと、その理由。

そして「コーヒー屋は、マスターが店に立っていないとダメなんです。」の一言とその理由。

このインタビューを読んで、コーヒー屋ではないけれど、とにかく店を続けていってみることと、できるだけ私がいつも店にいようと思ったのでした。

自分が店に入る時、本屋さんで特に店主を意識したことはなかったけど、Maar(マール)ではできるだけお客さんを私がお迎えしたいなぁと思っています。

他にも6人の人の「選んだ理由」が載っています。全部で7人。

どこかに自分と響きあうインタビューが載っているかもしれません。

いろんな人の、「選んだ理由」があって、そこから今につながる部分がインタビューで見えてきます。

「選んだ理由 」石井ゆかり ミシマ社

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中