次世代を育てる人たち【オープン5日目】

この間は作家さんの日だったけど、今日は先生の日みたい。幼稚園の先生と保育園の先生がふらりと入ってくれました。

若い女性の幼稚園の先生2人と男性の保育士さん。
幼稚園の先生2人は、うちに置いてある絵本はほとんど知っているみたいで、「あー私コレ好き!」「これ持ってるのと絵がちょっと違うかも?」「今度年長さんでコレやりたいんだー。」などなど、本棚を見ながらたくさんおしゃべりしてました。

若い男性の保育士さんは天野さんの講演を聞いたことがあるとのこと。
おすすめした「子育てー錦を織る仕事」と「まちの保育園を知っていますか」を買ってくれました(^^)

「子育てー錦を織る仕事」は古本。私がとても好きで持っていた本。「まちの保育園を知っていますか」は新しい本でまだ読みかけの本。

どちらも次世代を育てるお仕事をしている人の元に飛び立っていってくれて、うれしい限りです。やっぱり本にも出合う場所とかシチュエーションって大事な気がします。なんでもかんでもAmazonじゃ、ちょっとかなしい。(Amazonもよく利用しますが)

小学校時代の友達も立ち寄ってくれて、10年以上ぶりに会えました。会って話すと、やっぱり友達は友達で、ほとんど変わりません。「本のお店やるって聞いて、らしいなーと思ったよ。」と一言。最近つくづく思うのだけど、小学校の時に思ってたことってほとんど今と変わらまい。根っこの部分は人間そうそう変わらないんじゃないかと、そう思います。

小学校の友達が来てくれたと思ったら、今度は娘の小学校の同級生の男の子がお母さんと一緒に来てくれました。「あれ?まさか?と思ったけど、やっぱりそうですよね!」という感じで(笑)

ぜひ小学生向けの本も!と言ってもらったので、この際小学生向けの本、ギリギリに言われて、「今からどこ買いに行けばいいのよー!」となる文房具。ノート類、赤鉛筆、コンパス定規セットなどなども揃えようかなと思っています。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中