古物商許可申請

今日は古物商許可申請書に必要な書類を取りに九段下にある東京法務局へ行きました。

houmukyoku

古本屋をやるためには古物商許可申請が必要です。

それには

・許可申請書

・法人の場合は登記事項証明書、定款

・住民票

・身分証明書

・登記されていないことの証明書

・略歴書

・営業所の賃貸借契約書のコピー

等が必要です。

今日はその中の「登記されていないことの証明書」を取りに、東京法務局まで行ったのでした。

せっかくなので、九段下から歩いて、神保町へ。

猫の本がいっぱい集まっている姉川書店さんや、古書店街にある一誠堂書店さんや澤口書店さんなどをのぞき、最後は新卒の時にお世話になった三省堂書店さんへ。

すぐに別の部署への配置となったので、本店には新人研修の時くらいしか行きませんでしたが、懐かしかったです。

三省堂書店本店には古書館があり、古本の買取も販売もしています。だんだん新刊書店と古本屋さんの区別はなくなっていくのかもしれません。

今日の収穫は古書店街を歩きながら、やっぱり古本屋さんは昔のいろんな本が積みあがってて、なかなか敷居が高いなーと思っていた時に、ふと目に入ってきた本。100円です。おじいさんがていねいに、帯を巻いてくれました。好きなんです、寺山修司。

terayama

そのあとは昔時々連れて行ってもらった「さぼうる」でコーヒーを飲んで帰ってきました。

明日は最寄りの警察署へ行って、古物商許可申請をして来ようと思います。

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中